前へ
次へ

不動産を購入したいとき売買契約での注意点

不動産を購入したいと考えている場合、どういったことに注意したらいいのか、一生に一度の買い物であるため慎重に検討する必要があります。
まずは、どのくらいの予算で購入するかの検討から始まります。
不動産業者に仲介を依頼する場合でも予算が決まっていない場合、相談しようにもできません。
予算を決める上で自己資金あるいは住宅ローンでまかなえるか、あるいは両親や親族の援助が必要なのか様々な選択肢があります。
住宅ローンの場合、事前に返済計画を立てておく必要があります。
次に、売買に関する諸経費の計算も必要となってきます。
購入する土地や建物など条件や状況により異なりますが、売買契約には、仲介手数料、固定資産税や不動産取得税などの税金関係、融資関連や積み立て一時金、引っ越し費用など様々な経費があります。
事前にいくら必要になるかを検討しておくことが望ましいです。
また、経費は基本的には銀行振込ではなくその場で現金払いになり、のちに銀行振込などの手続きをとります。

Page Top